9月 28, 2016

|

by: cleohi830

|

Tags: カラー

|

Categories: YASU/北谷 安博

『髪が痛まないヘアカラー』

こんにちわ!!

クレオヘア 八丁堀店 副店長のYasuです。

突然ですが、、、、

毎週水曜日

にブログをアップしていくことに決めした!!

(少し日をまたぐかもしれません、、、)

と、言うのも曜日が決まっている方が

皆さんにもいつアップされているか

わかりやすい、見やすい。

と、自分なり考えてみました^_^

今後も、よろしくお願いします!!

今日は、、、

題名にもありますが、、

『髪が痛まないヘアカラー』

について書かせて貰います。

なぜ?!?!

急に?

と思われると思いますが、

今週の月曜日にヘアカラーの講習に

行ってきました^o^ 

春夏、秋冬とシーズンごとに季節が変わり

服が変わり、ヘアカラーも変わります。

日本は四季があるので色々楽しめますね^_^

image image image

内容は美容師向けなので

内容は分からないと思いますが、、、笑

こんな感じで

TOKYOの有名美容師さんが

教えてくれています!!

シーズンカラーの勉強に行ったはずが、

それよりも衝撃を受けたことが

今日のテーマです^_^

お客様からも

カラーって痛みますよね?

毎回毛先まで塗っても大丈夫ですか?

と、、よく質問されます。。。

実は髪の毛は水で洗うだけでも痛みます。。

小学生の頃に

酸性、アルカリ性とリトマス紙を使って勉強をしたのを覚えていますか??

髪の毛は弱酸性で

髪の毛がアルカリ性に傾くと

キューティクルが開きます。

キューティクルが開くと

中の大事なものが出てしまうので

痛んでしまいます(ーー;)

なので、どうしてもカラーをする事で

少しの痛みは出てしまいます。。。(ーー;)

キューティクルを開き

色を髪の中に入れて染めていくのですが

美容室では

そのアルカリの強さや、薬の強さを髪質や痛みによって変えています。

なので

市販の薬よりも絶対に痛みません!!

あと、

根本の髪は元気ですが、

毛先は何回もカラーして痛んでいます。

根本の薬と毛先の薬の強さや、アルカリの割合を変えて、少しでも痛まないように工夫しています。

僕はいつもお客様には

この内容を伝えて

カラーは痛むどういう考えを

無くして貰い

カラーをする事で

よりツヤが出て綺麗になると

思って貰いたい、考え方を変えたいと

思っています^_^

考え方を変えて綺麗にしましょう!!

その講習で

より痛まない方法を教えて貰いましたので

是非楽しみに来てください^o^

最後まで読んで貰い

本当にありがとうございます。

image写真はその講習のモデルさんです 笑

Yasu